2010年04月20日

北日本は大荒れ、東日本はポカポカ(産経新聞)

 気象庁は13日、低気圧の影響で14日にかけて北日本を中心に風が非常に強まり、海上が大しけになるとして、暴風や高波に警戒するよう呼びかけた。

 気象庁によると、日本海の低気圧が急速に発達しながら北東に進み、14日朝にはサハリン付近に達して、日本付近は一時的に強い冬型の気圧配置となる見込み。

 北日本では14日にかけて海上を中心に風が非常に強く、寒気の影響で雪を伴い、吹雪になるところもあるという。予想される最大風速は、北海道と東北の日本海側の強い所で海上25メートル、陸上20メートル。

 北日本では13日、強風による被害が相次いだ。北海道では13日朝、北海道富良野市で、飛んできたパンのケースがぶつかり、男性(62)が転倒、軽傷を負った。新潟県胎内市では、12日夜、強風でスギが倒れ、市営住宅の屋根が一部損壊した。市営住宅は、空き家で、けが人はなかった。

 札幌市では13日午前7時37分ごろ、北区新琴似町で「木くずが燃え、建物に燃え移りそうだ」と近くの人から119番通報があった。付近の作業所や倉庫など8棟と車6台が焼けたが、けが人はなかった。

 札幌市消防局によると、現場には資材や廃材が置かれ、強風で火が燃え広がったとみられる。札幌管区気象台によると、13日午前、札幌市の最大瞬間風速は29・9メートルを記録していた。

 一方、東日本では、南から暖かい空気が流れ込み、気温が上がった。

 東京では、真冬並みの寒さだった昨日から一転して、午後0時46分には20度を記録、予想最高気温は4月下旬から5月上旬なみの21度。長野や前橋などでは、最高気温が25度を記録する見込み。

【関連記事】
サクラ満開予想、近畿は寒の戻りでずれ込む
「黄砂」増大可能性 ぜんそくや花粉症の悪化も 
177番の天気予報更新されず 気象庁の注意報誤配信で
桜開花予想ハズレ…森田氏、頭下げる「大目に見てください」
気象庁係長をすりで逮捕 出勤途中の地下鉄内で
外国人地方参政権問題に一石

普天間で解散、衆参同日選も…自民・大島氏(読売新聞)
阿久根市長ブログに裁判官月給一覧…判決に反発(読売新聞)
マツダ「アクセラ」などリコール オイルが漏れる恐れ(産経新聞)
【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(4)(産経新聞)
9人目を逮捕、監禁容疑=公園前路上の男性遺体−警視庁(時事通信)
posted by ウエダ セイキチ at 16:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。