2010年03月30日

主文後回しで厳刑へ 元厚生次官ら連続殺傷(産経新聞)

 元厚生次官ら連続殺傷事件で、殺人や殺人未遂などの罪に問われたさいたま市北区の無職、小泉毅被告(48)の判決公判が30日午後1時半、さいたま地裁で開かれた。伝田喜久裁判長は主文を後回しにし、判決理由の朗読から始めた。検察側は死刑を求刑しており、厳刑が予想される。

 小泉被告は初公判で起訴事実について認めたものの、「無罪を主張する。私が殺したのは人ではなく、心が邪悪な魔物」などと主張していた。被告人質問では、「『自首』の時点で100%死刑だと思っていたが、今は1000%死刑だと思っている」などと発言していた。

 起訴状によると、小泉被告は平成20年11月17日夜、元次官の山口剛彦さん=当時(66)=夫妻をさいたま市内の山口さん宅で刺殺。翌18日夜、東京都中野区の元次官、吉原健二さん(78)宅で吉原さんの妻、靖子さん(73)を包丁で刺して殺害しようとしたほか、元社会保険庁長官の横尾和子さん(68)と家族の殺害を計画したなどとされる。

【関連記事】
元厚生次官ら連続殺傷 最終弁論要旨「人間性を失っていない」
「自らの命をもって償う以外にない」そのとき被告は体をねじり…
元厚生次官ら連続殺傷 「マモノとは何か」とただす裁判官 被告は「あだ討ちだった」
(1)「マモノ」の表記にもこだわり 小泉被告の持論
「チロちゃん」に対する小泉被告の偏執的な愛とは… 元厚生次官連続殺傷

教科書掲載、200年来の謎「原形質流動」メカニズムを初解明 京大(産経新聞)
「音環境で健康に」 大橋道場に120人(産経新聞)
<友政懇偽装献金>首相元秘書、即日結審へ(毎日新聞)
“実践”訓練に緊張感 吹田・JR西「実習線」(産経新聞)
<郵政改革>連立の火種あらわ(毎日新聞)
posted by ウエダ セイキチ at 20:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。